日本分析からのお知らせ

近年、既存の受水タンク等の設備から増圧給水設備への切り替えが進んでいます。
弊社は厚生労働大臣登録水質検査機関として、増圧給水装置に切り替える際の水質検査を行っています。
水質検査項目につきましては水道局管轄によって異なりますので、切り替え工事地域管轄の水道局にご確認ください。

東京都水道局管轄地域で増圧給水装置に切り替える際の水質検査

更生工事の履歴のない受水タンク以下装置を給水装置に切り替える場合

<採水方法>

毎分5Lの流量で5分間流して捨て、その後15分間滞留させたのち採水。

<試験項目>

味・臭気・色度・濁度 の4項目

更生工事の履歴があり、ライニングに使用された塗料・工法及び施工状況が明らかな場合

スタッフからのコメント
執行役(分析測定事業統括本部長) 平 隆道
誠意を持ってご対応し、日本分析に依頼して良かったと全てのお客様より仰って頂けるよう努めて参ります。
<採水方法>

現地にて、水道水を毎分5Lの流量で5分間流して捨て、
その後15分間滞留させた水を採取。

管内の水をすべて入れ替えた後の水を対照水(ブランク水)として採取。

<試験項目>

味・臭気・色度・濁度

更生工事に使用された塗料から浸出する可能性のある項目

【参考】使用した塗料が二液性エポキシ樹脂塗料の試験項目(16項目)

・味・臭気・色度・濁度

・有機物〔全有機炭素(TOC)量〕・フェノール類・シアン・エピクロロヒドリン
・アミン類・2,4-トルエンジアミン・2,6-トルエンジアミン・ホルムアルデヒド
・酢酸ビニル・スチレン・1,2-ブタジエン・1,3-ブタジエン

更生工事の履歴があり、ライニングに使用された塗料・工法及び施工状況が確認できない場合

<採水方法>

既設給水管の一部をサンプリング(構造材質基準に基づく浸出性能試験を実施)。

※既設給水管のサンプリングが困難な場合
現地にて、水道水を16時間滞留させた水(ライニングされた管路内の水)を採取。

管内の水をすべて入れ替えたあとの水を対照水(ブランク水)として採取。

<試験項目>

浸出基準44項目すべて
※平成26年4月1日より、従前の43項目に+亜硝酸態窒素を追加した44項目になりました

関係法令
給水装置の構造及び材質の基準に関する省令(厚生省令第十四号)※別表第一参照

増圧給水設備の一例


テラル製増圧ポンプ

川本製増圧ポンプ

エバラ製増圧ポンプ

飲料水の主要な検査項目セット(区分)

以下に掲げる検査項目はすべて日本分析(自社分析室)で検査いたします。
外注委託はございません。安心してご依頼ください。

各項目の解説はこちらから » 「検査項目の内容及び健康への影響について」

検査項目セット 主な内容
ビル管11項目
建築物衛生法
一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH値、味、臭気、色度、濁度
有機物(全有機炭素(TOC)の量)は平成21年4月1日より基準値変更
※亜硝酸態窒素が平成26年4月1日より追加されました
ビル管16項目
建築物衛生法
上記11項目にプラス
鉛及びその化合物、亜鉛及びその化合物、鉄及びその化合物、銅及びその化合物、蒸発残留物
※亜硝酸態窒素が平成26年4月1日より追加されました
消毒副生成物12項目
建築物衛生法
シアン化物イオン及び塩化シアン、塩素酸、クロロホルム、ジブロモクロロメタン、総トリハロメタン、ブロモジクロロメタン、ブロモホルム、クロロ酢酸、ジクロロ酢酸、臭素酸、トリクロロ酢酸、ホルムアルデヒド
ビル管23項目
建築物衛生法
上記11項目+消毒副生成物12項目
ビル管28項目
建築物衛生法
上記16項目+消毒副生成物12項目
ビル管井水7項目
建築物衛生法
平成21年4月1日より8項目から7項目に変更
四塩化炭素、シス-1.2-ジクロロエチレン及びトランス-1.2-ジクロロエチレン、ジクロロメタン、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、ベンゼン、フェノール類
飲用井戸等11項目+α 一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH値、味、臭気、色度、濁度の11項目
    +
トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン等に代表される有機溶剤
    +
その他、アンモニア性窒素、残留塩素など
51項目(全項目)
平成26年4月1日より50項目から51項目に変更
新基準省令の上欄に掲げるすべての事項
※従前の50項目に9亜硝酸態窒素が追加され、51項目になりました
水道法9項目(基本的項目) ◎主に簡易専用水道・小規模貯水槽水道(井戸水除く)該当施設など
一般細菌、大腸菌、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH値、味、臭気、色度、濁度
水道法21項目+α 一般細菌、大腸菌、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH値、味、臭気、色度、濁度の水道法9項目(基本的項目)
    +
シアン化物イオン及び塩化シアン、塩素酸、クロロホルム、ジブロモクロロメタン、総トリハロメタン、ブロモジクロロメタン、ブロモホルム、クロロ酢酸、ジクロロ酢酸、臭素酸、トリクロロ酢酸、ホルムアルデヒド
上記水道法21項目にプラス
その他必要な項目(配管材など)
水道法40項目 上記51項目から
消毒副生成物12項目からシアン化物イオン及び塩化シアンを除いた11項目を除外したもの
水道法38項目 上記水道法40項目から
(4S.4aS.8aR)-オクタヒドロ-4.8a-ジメチルナフタレン-4a(2H)-オール(別名ジェオスミン)及び1.2.7.7-テトラメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オール(別名2-メチルイソボルネオール)を除外したもの
水道法49項目 上記水道法51項目から
(4S.4aS.8aR)-オクタヒドロ-4.8a-ジメチルナフタレン-4a(2H)-オール(別名ジェオスミン)及び1.2.7.7-テトラメチルビシクロ[2.2.1]ヘプタン-2-オール(別名2-メチルイソボルネオール)を除外したもの
中央式給湯水(冷水) 11項目、16項目、消毒副生成物12項目など
防錆剤注入 五酸化リンなど

ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

▲このページの先頭に戻る