食品営業用水の検査・分析
スタッフからのコメント
信頼性確保部門
主幹(部門長) 池田達也
常に正確な結果をお客様のお手元にお届けするため、日々慎重かつ繊細に分析業務に励んでおります。

食品営業用水は、食品衛生法 (昭和22年法律第233号) 第7条第1項及び第10条の規定に基づき定められた「食品、添加物等の規格基準 (昭和34年12月28日厚生省告示第370号)」 中の「清涼飲料水の製造基準(1)の2.」表中に掲げる26項目について実施することが一般的です。
自治体によってはこの26項目を基に条例を定めているところも多数ありますが、ここでは基本となる「食品、添加物等の規格基準」についてご説明いたします。

検査項目

スタッフからのコメント
分析課
課長 貝塚幸子
経験豊富な分析スタッフが、高品質な水質検査をご提供いたします。

「食品、添加物等の規格基準」 (昭和34年12月28日厚生省告示第370号) 中の「清涼飲料水の製造基準(1)の2.」表

ミネラルウォーター類、冷凍果実飲料 (果実の搾汁または果実の搾汁を濃縮したものを冷凍したものであって、原料用果汁以外のものをいう。以下同じ) 及び原料用果汁以外の清涼飲料水

  1. 製造に使用する果実、野菜等の原料は、鮮度その他の品質が良好なものであり、かつ、必要に応じて十分洗浄したものでなければならない。
  2. 原水は、飲用適の水 (水道法(昭和32年法律第177号) 第3条第2項に規定する水道事業の用に供する水道、同条第6項に規定する専用水道もしくは同条第7項に規定する簡易専用水道により供給される水または次の表の第1欄に掲げる事項につき同表の第3欄に掲げる方法によって行う検査において、同表の第2欄に掲げる基準に適合する水をいう。以下同じ) でなければならない。

各項目の解説はこちらから » 「検査項目の内容及び健康への影響について」

項目 第1欄 第2欄 第3欄
 1 一般細菌 1mlの検水で形成される集落数が100以下であること。 標準寒天培地法
 2 大腸菌群 検出されないこと。 乳糖ブイヨン―ブリリアントグリーン乳糖胆汁ブイヨン培地法
 3 カドミウム 0.01mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法または誘導結合プラズマ発光分光分析法(以下「ICP法」という)
 4 水銀 0.0005mg/l以下であること。 還元気化―原子吸光光度法
 5 0.1mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法またはICP法
 6 ヒ素 0.05mg/l以下であること。 水素化物発生―原子吸光光度法またはフレームレス―原子吸光光度法
 7 六価クロム 0.05mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法またはICP法
 8 シアン 0.01mg/l以下であること。 吸光光度法
 9 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/l以下であること。 イオンクロマトグラフ法または吸光光度法
10 フッ素 0.8mg/l以下であること。 イオンクロマトグラフ法または吸光光度法
11 有機リン 0.1mg/l以下であること。 吸光光度法
12 亜鉛 1.0mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法またはICP法
13 0.3mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法、ICP法または吸光光度法
14 1.0mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法またはICP法
15 マンガン 0.3mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法またはICP法
16 塩素イオン 200mg/l以下であること。 イオンクロマトグラフ法または滴定法
17 カルシウム、マグネシウム等(硬度) 300mg/l以下であること。 滴定法
18 蒸発残留物 500mg/l以下であること。 重量法
19 陰イオン界面活性剤 0.5mg/l以下であること。 吸光光度法
20 フェノール類 フェノールとして0.005mg/l以下であること。 吸光光度法
21 有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 10mg/l以下であること。 滴定法
22 pH値 5.8以上8.6以下であること。 ガラス電極法または比色法
23 異常でないこと。 官能法
24 臭気 異常でないこと。 官能法
25 色度 5度以下であること。 比色法または透過光測定法
26 濁度 2度以下であること。 比濁法、透過光測定法または積分球式光電光度法
【参考】

東京都の条例では、井戸水を使用している場合は上記の26項目を検査し、水道水を使用している場合は一般的な飲料水の9項目を実施すればよいことになっています。
また、横浜市の条例では、清涼飲料水製造業、氷雪製造業及び氷菓を製造するアイスクリーム類製造業にあっては上記の検査とし、それ以外の営業にあっては、上記の表中から下記の項目について検査することとなっています。

金額・納期等、詳しいお問い合わせはお電話・FAXまたはお問い合わせフォームよりお寄せください。

清涼飲料水製造業、氷雪製造業及び氷菓を製造するアイスクリーム類製造業以外
横浜市の場合 ( 各項目の解説はこちらから ≫ 「検査項目の内容及び健康への影響について」 )
項目 第1欄 第2欄 第3欄
 1 一般細菌 1mlの検水で形成される集落数が100以下であること。 標準寒天培地法
 2 大腸菌群 検出されないこと。 乳糖ブイヨン―ブリリアントグリーン乳糖胆汁ブイヨン培地法
 3 硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素 10mg/l以下であること。 イオンクロマトグラフ法または吸光光度法
 4 0.3mg/l以下であること。 フレームレス―原子吸光光度法、ICP法または吸光光度法
 5 塩素イオン 200mg/l以下であること。 イオンクロマトグラフ法または滴定法
 6 カルシウム、マグネシウム等(硬度) 300mg/l以下であること。 滴定法
 7 有機物等(過マンガン酸カリウム消費量) 10mg/l以下であること。 滴定法
 8 pH値 5.8以上8.6以下であること。 ガラス電極法または比色法
 9 異常でないこと。 官能法
10 臭気 異常でないこと。 官能法
11 色度 5度以下であること。 比色法または透過光測定法
12 濁度 2度以下であること。 比濁法、透過光測定法または積分球式光電光度法
【参考】 水の自動販売機に関する衛生指導要領

最近スーパーなどでよく見かける、購入した容器にアルカリイオン水などを注入して家に持ち帰って飲む、いわゆる水の自動販売機により販売される水について、2003年11月19日付けで通知が出されています。これまでは、その取扱いについては、個々の事例ごとに対応というものでしたが、法令の適用に関する留意事項、指導事項が定められていました。

  • 食安基発第1119001号
  • 食安監発第1119001号
平成15年11月19日
  • 厚生労働省医薬食品局食品安全部基準審査課長
  • 厚生労働省医薬食品局食品安全部監視安全課長通知
「水の量り売りを行う自動販売機の衛生確保について」


通知では、
水の自動販売機により販売される水が、告示の「清涼飲料水の成分規格」に準拠するよう指導すること
水道水以外の水を使用するものにあっては、飲用適の水を使用し、年1回以上当該使用水の水質検査を行うよう指導すること
等が水質に関係する部分です。


ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

▲このページの先頭に戻る