お知らせ

【お知らせ】9月30日まで、消毒副生成物12項目(ビル管28項目など)の検査実施期間です!

ビル衛生管理法(建築物衛生法)の対象になる「特定建築物」は
法律で6月1日~9月30日までの期間に
消毒副生成物12項目の水質検査を1回実施する必要があります。
※ビル管28項目なども、この期間に検査します!
当社では、お客様の大切な検体をお預かりする万全の体制を整えております。

=======================================

●消毒副生成物12項目の水質検査サンプルは採取後24時間以内に
検査を開始しなければなりません。※1
※1:同時に16項目(計28項目)や11項目(計23項目)の検査と
  一緒に実施する場合は、12時間以内となります。

=======================================

◎日本分析は、土日祝も営業し、休日作業の検体の受け入れも可能!

日本分析は、いつでも安心。土日祝も営業。

困ったとき、早く知りたい、にお応えします。

▼特定建築物の水質検査に関する詳細は こちらから

=======================================

(お願い)
8月中は、分析項目によって通常より納期を頂く場合がございます。
ご不明な点がございましたら、弊社担当者または営業課まで
ご連絡くださいますようお願いいたします。
お盆期間中の営業については、NEWS一覧の

【お知らせ】8月 お盆時期の営業のお知らせ

をご覧ください。

特定建築物等の水質検査は、採取後12時間以内※2に検査を開始する必要があります。
サンプル回収及び採水業務休業期間につきましては、採水日程・時間・サンプルの
運搬方法などご検討お願い致します。
※2:濁度、色度、pH値、一般細菌、大腸菌の検査項目について


ページ上部へ戻る