プール水の検査・分析
プール水は大きく2つの通知に基づき検査が決められています。
そして、この通知に従い、自治体によっては独自の条例を出しているところがありますが、ほぼ同じ内容となっています。
ここでは、
・「遊泳用プールの衛生基準
・「学校環境衛生基準
という2つについてご説明いたします。

検査項目

「遊泳用プールの衛生基準」

健発第0528003号 厚生労働省健康局長通知(平成19年5月28日)
検査項目 基準値 頻度
1 水素イオン濃度 pH値
5.8以上8.6以下
毎月1回以上
2 濁度 2度以下 毎月1回以上
3 過マンガン酸カリウム消費量 12mg/l以下 毎月1回以上
4 遊離残留塩素濃度 0.4mg/l以上
(1.0mg/l以下が望ましい)
少なくとも毎日午前中1回以上及び午後2回以上
(このうち1回は、遊泳者数のピーク時に測定することが望ましい)
5 大腸菌 検出されないこと 毎月1回以上
6 一般細菌 200CFU/ml以下 毎月1回以上
7 総トリハロメタン 暫定目標値
概ね0.2mg/l以下が望ましい
毎年1回以上
(通年営業または夏期営業のプールにあっては6月から9月までの時期、それ以外の時期に営業するプールにあっては水温が高めの時期に行うこと)
8 レジオネラ属菌 検出されないこと 気泡浴槽(ジャグジー)、採暖槽等の設備その他のエアロゾルを発生させやすい設備、または水温が比較的高めの設備がある場合は、検査を年1回以上

塩素消毒に代えて二酸化塩素により消毒を行う場合には、二酸化塩素濃度は0.1mg/l以上0.4mg/l以下であること。また、亜塩素酸濃度は1.2mg/l以下であること。
水質検査の試料採水地点は、矩形のプールではプール内の対角線上におけるほぼ等間隔の位置3箇所以上の水面下20儺擇喀朶弔躄畫置の取入口付近を原則とし、その他の形状のプールでは、これに準じ、プールの形状に応じた適切な地点とすること。
プール水の温度の原則として22℃以上とすること。また、プール水の温度が均一になるよう配慮すること。
遊離残留塩素濃度、二酸化塩素濃度及び亜塩素酸濃度の測定はDPD法。

「学校環境衛生基準」

21文科ス第6013号 文部科学省スポーツ・青少年局長通知(平成21年4月1日)
検査項目 基準値 頻度
1 遊離残留塩素 0.4mg/l以上であること。また、1.0mg/l以下であることが望ましい。 使用日の積算が30日以内ごとに1回行う
2 pH値 5.8 以上8.6 以下であること。 使用日の積算が30日以内ごとに1回行う
3 大腸菌 検出されないこと。 使用日の積算が30日以内ごとに1回行う
4 一般細菌 1ml中200 コロニー以下であること。 使用日の積算が30日以内ごとに1回行う
5 有機物等 過マンガン酸カリウム消費量として12mg/l以下であること。 使用日の積算が30日以内ごとに1回行う
6 濁度 2度以下であること。 使用日の積算が30日以内ごとに1回行う
7 総トリハロメタン 0.2mg/l以下であることが望ましい。 使用期間中の適切な時期に1回以上行う
循環式プールの場合は、その使用を始めて2〜3週間経過した後、入替え式の場合は、その使用が始まり、最初の入替えをする直前に測定することが望ましい
8 循環ろ過装置の
処理水
循環ろ過装置の出口における濁度は、0.5 度以下であること。また、0.1度以下であることが望ましい。 毎学年1回、定期に行う

遊離残留塩素の測定はDPD法またはそれと同等以上の精度を有する検査方法。
プールの原水は、飲料水の基準に適合するものであることが望ましい。

【学校環境衛生基準の抜粋】
「学校環境衛生基準」の改訂について(通知)
21文科ス第6013号 平成21年4月1日付 文部科学省スポーツ・青少年局長通知 (水質検査に係る主要箇所)
●「飲料水の管理」について

・ 水道水を原水とする飲料水(専用水道を除く)については毎学年1回定期。
  • (1) 一般細菌
  • (2) 大腸菌
  • (3) 塩化物イオン
  • (4) 全有機炭素(TOC)の量又は過マンガン酸カリウム消費量(以下「有機物等」という)
  • (5) pH値
  • (6) 味
  • (7) 臭気
  • (8) 色度
  • (9) 濁度
  • (10) 遊離残留塩素
計10項目を検査

・ 専用水道及び専用水道に該当しない井戸水等についての検査は、給水栓水については毎月1回定期に先述した10項目の検査プラス水道法第3条第6項に規定する、専用水道が実施すべき水質検査の項目について毎年1回定期に行う。

原水については(10)の「遊離残留塩素」以外を毎年1回行う。
●「雨水等利用施設における水の管理」について

・ 雨水を飲用以外の用途に利用するものについては毎学年2回定期。

  • (1) pH値
  • (2) 臭気
  • (3) 外観
  • (4) 大腸菌
  • (5) 遊離残留塩素
●「水泳プールの管理」について

・ 検査項目(1)〜(6)については、使用日の積算が30日以内ごとに1回、
検査項目(7)については、使用期間中の適切な時期に1回以上、
検査項目(8)については、毎学年1回定期に検査を行うものとする。

  • (1) 遊離残留塩素
  • (2) pH値
  • (3) 大腸菌
  • (4) 一般細菌
  • (5) 有機物等
  • (6) 濁度
  • (7) 総トリハロメタン
  • (8) 循環ろ過装置の処理水
  • プールの原水は、飲料水の基準に適合するものであることが望ましい。

すべての自治体等の条例を弊社で把握しているわけではありませんので、念のため管轄の保健所等にご確認ください。なお、特にご指定がない場合は、上記2つのいずれかの通知に基づき検査いたします。


【チェック!】 プール熱(咽頭結膜熱)にご注意ください。

プールを介しての流行には、「目をよく洗う」「遊泳前後のシャワー」 などの励行が大切です。 6月ころから徐々に増え始め、7〜8月にピークとなりますのでご注意ください。

プール熱(咽頭結膜熱)について

本疾患は、多くはプールを介した発生(のためプール熱と呼ばれる)ですが、病院等でも報告があります。感染経路は、プールを介した場合は、汚染した水からの結膜への直接侵入と考えられています。
また、タオルなどの共用や、飛沫感染あるいは接触感染も考えられます。

プール熱は
・ 発熱(38〜39度)
・ 咽頭炎(のどの痛み)
・ 眼症状(目の炎症、結膜炎)
を主とする小児の急性ウイルス性感染症で、51種の血清型のアデノウイルスが原因です。臨床症状としては、呼吸器疾患(咽頭炎、扁桃炎、肺炎など)、眼疾患(咽頭結膜熱、流行性角結膜炎など)、消化器疾患(胃腸炎など)、泌尿器疾患(出血性膀胱炎など)、肝炎、その他があります。残念ながら特別な治療法はなく対症療法が中心で、眼症状が強い場合には、眼科的治療が必要になることもあります。

【予防方法】

・ 感染者との密接な接触を避けること
・ 流行時には、流水と石けんによる手洗いとうがいを励行
・ プールの遊泳前後は眼をしっかり洗い、シャワーをきちんと浴び、うがいをする

【消毒方法】

・ (手指)流水と石けんによる手洗いのほか、90%エタノール
・ (器具)煮沸、次亜塩素酸ソーダ

逆性石けん、イソプロパノールには抵抗性なので注意!

咽頭結膜熱は届出が必要な五類(定点)感染症で、学校保健法では第二種伝染病に位置付けられており、主要症状が消退した後2日を経過するまで出席停止とされています(ただし、病状により伝染のおそれがないと認められたときはこの限りでない)。
当社は、病理学検査、臨床検査を主とする検査機関ではないため、ウイルスの検査は実施しておりませんが、消毒が不十分で、水が汚染された場合には、その発症割合が高くなっていることから、通常のプール水検査は決められた頻度で実施し、水質の状態を常時把握しておくことをお勧めします。
なお、プール水の検査項目、基準値、頻度はこのページの先頭に戻ってご確認ください。


ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

▲このページの先頭に戻る