下水・排水・環境水の検査・分析

水質汚濁防止法や下水道法では、工場や事業場から排出される下水、
排水や、さらに地下に浸透する汚水を規制しています。

生活排水対策を推進することによって、水質汚濁の防止を図ることを
目的としており、基準違反に対しては罰則などが定められています。
さらに、都道府県の条例で、上乗せ基準(区域を指定して
一律基準よりも厳しい許容限度とする基準)や
横出し基準(一律基準以外の項目について規制)も定められています。

下水・排水の検査・分析(下水道法・水質汚濁防止法)

水質汚濁防止法による排水基準

(環境省 水質汚濁防止法(排水基準を定める省令 別表第1 別表第2)に基づく)

■健康項目
有害物質の種類 許容限
カドミウム及びその化合物 0.1mg/l
シアン化合物 1mg/l
有機燐化合物(パラチオン、メチル パラチオン、メチルジメトン及び EPNに限る。) 1mg/l
鉛及びその化合物 0.1mg/l
六価クロム化合物 0.5mg/l
砒素及びその化合物 0.1mg/l
水銀及びアルキル水銀その他の水銀化合物 0.005mg/l
アルキル水銀化合物 検出されないこと
ポリ塩化ビフェニル 0.003mg/l
トリクロロエチレン 0.3mg/l
テトラクロロエチレン 0.1mg/l
ジクロロメタン 0.2mg/l
四塩化炭素 0.02mg/l
1,2-ジクロロエタン 0.04mg/l
1,1-ジクロロエチレン 1mg/l
シス-1,2-ジクロロエチレン 0.4mg/l
1,1,1-トリクロロエタン 3mg/l
1,1,2-トリクロロエタン 0.06mg/l
1,3-ジクロロプロペン 0.02mg/l
チウラム 0.06mg/l
シマジン 0.03mg/l
チオベンカルブ 0.2mg/l
ベンゼン 0.1mg/l
セレン及びその化合物 0.1mg/l
ほう素及びその化合物 海域以外 10mg/l
海域 230mg/l
ふっ素及びその化合物 海域以外 8mg/l
海域 15mg/l
アンモニア、アンモニウム化合物、亜硝酸化合物及び硝酸化合物 (*)100mg/l
1,4-ジオキサン 0.5mg/l

(*) アンモニア性窒素に0.4を乗じたもの、亜硝酸性窒素及び硝酸性窒素の合計量。

■生活環境項目
生活環境項目 許容限度
水素イオン濃度(pH) 海域以外 5.8-8.6
海域 5.0-9.0
生物化学的酸素要求量(BOD) 160mg/l
(日間平均 120mg/l)
化学的酸素要求量(COD) 160mg/l
(日間平均 120mg/l)
浮遊物質量(SS) 200mg/l
(日間平均 150mg/l)
ノルマルヘキサン抽出物質含有量
(鉱油類含有量)
5mg/l
ノルマルヘキサン抽出物質含有量
(動植物油脂類含有量)
30mg/l
フェノール類含有量 5mg/l
銅含有量 3mg/l
亜鉛含有量 2mg/l
溶解性鉄含有量 10mg/l
溶解性マンガン含有量 10mg/l
クロム含有量 2mg/l
大腸菌群数 日間平均 3,000個/cm3
窒素含有量 120mg/l
(日間平均 60mg/l)
燐含有量 16mg/l
(日間平均 8mg/l)
備考

※「日間平均」による許容限度は、1日の排出水の平均的な汚染状態について定めたものである。
※この表に掲げる排水基準は、1日当たりの平均的な排出水の量が50立方メートル以上である工場又は事業場に係る排出水について適用する。

関係法令

環境省 水質汚濁防止法(排水基準を定める省令 別表第1 別表第2)
国土交通省 下水道法施行令 第9条
下水排除基準(東京都23区内)

浄化槽排水の検査・分析

浄化槽は、微生物の働きを利用して「し尿」や「し尿と生活排水」を処理する装置です。 日ごろの管理が不十分ですと機能が低下し、悪臭を発生し、放流水が悪化するなど環境を汚染する原因となります。浄化槽を正しく管理するために「清掃」「保守点検」「法定検査」の三つが浄化槽法により義務づけられています。

法定検査
浄化槽法7条検査

浄化槽使用者は、使用開始後3ヶ月を経過した日から5ヶ月の間に受けなければなりません。浄化槽の設置工事等・保守点検が適正に行われているかを確認するための検査です。

【検査項目】
外観項目
外観検査は、浄化槽の設置場所において、その設置されている状況を観察します。
水質検査
次に掲げる項目について検査を実施します。
  1. 水素イオン濃度
  2. 汚泥沈殿率
  3. 溶存酸素量
  4. 透視度
  5. 塩素イオン濃度
  6. 残留塩素
  7. 生物化学的酸素要求量
書類検査
浄化槽の概要書及び保守点検の記録等を検査します。
浄化槽法11条検査

浄化槽使用者は、7条検査実施1年後から年1回受けなければなりません。この検査は、保守点検及び清掃が適正に行われ、浄化槽の機能が発揮できているかどうかを確認するための検査です。

【検査項目】
外観項目
外観検査は、浄化槽の設置場所において、その設置されている状況を観察します。
水質検査
次に掲げる項目について検査を実施します。
  1. 水素イオン濃度
  2. 溶存酸素量
  3. 透視度
  4. 残留塩素
書類検査
保存されている保守点検及び清掃の記録並びに前回の検査の記録を検査します。

環境水、地下水、その他の検査

スタッフからのコメント
信頼性確保部門 主幹(部門長) 池田 達也
常に正確な結果をお客様のお手元にお届けするため、日々慎重かつ繊細に分析業務に励んでおります。
【環境水(河川水、湖沼水など)】
  • (1) 健康項目(人の健康の保護に関する環境基準)
    カドミウム、全シアン、鉛、六価クロム、砒素、総水銀、アルキル水銀、PCB、ジクロロメタン、四塩化炭素、その他
  • (2) 生活環境項目(生活環境の保全に関する環境基準)
    pH、DO、BOD、SS、大腸菌群数、窒素、リン、その他
  • (3) その他の項目

【地下水】
  • (1) 地下水の水質汚濁に係る環境基準項目
    カドミウム、全シアン、鉛、六価クロム、砒素、総水銀、アルキル水銀、PCB、ジクロロメタン、四塩化炭素、その他
  • (2) その他の項目


 環境省  水質汚濁に係る環境基準について

 環境省  地下水の水質汚濁に係る環境基準について


ご不明な点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら

▲このページの先頭に戻る